CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2014 - 10  >>
ブログランキング
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 IT技術ブログへ
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
    処理時間 0.039974秒
POWERED BY
Sunmicrosystems

Apache

PostgreSQL

ぶろぐん

DESIGN BY
Blogn Support Web


後期型負圧燃料コックの取付 1
うちのチョイノリ(前期型)のガソリンコックは、ON、OFF、RESのみで転倒すると全てのガソリンをキャブのオーバーフローから流してくれます。
なので停車中は必ずガソリンコックをOFFにしなければいけません。
とっても不便ですし、OFFにし忘れると大変な事になりそうで心配です。

そこで、後期型のガソリンコック(負圧弁付き)に交換しようと考えていたところ
先日お邪魔したチョイ友のはちまるさん(blog)に後期型のインマニを頂きました。
そのままの勢いで、負圧コックもヤフオクで、ポチットナして、無事届きました。
まず、各部の清掃・洗浄から始めます。
後期型インマニ



頂いたインマニは綺麗でしたが、ゴムチューブの劣化が有りましたので、交換します。

チューブ割れ
断面ボロボロです。

チューブ関連を全て汎用のゴムチューブに交換して負圧回路は完成です。

次に、ヤフオクで落札した負圧コックを
負圧コック到着

チェックします。
負圧コック

フィルター関連も綺麗で、ゴミの詰りも無さそうですが、コックの開閉に違和感が有ったので一度ばらします。

コックの方は、写真の順に組み立てられています。
コック側部品

ガソリンコックは、ASSY販売しかされていませんが、この程度の構造なら、パッキン関係を販売しても良いのでは?と思いますね。
反対側の負圧コックは
負圧側部品

部品点数は少なめですが、真ん中のダイヤフラムがこのコックの心臓部になるかと思います。
ガソリンとインマニを隔てるものですが、ダイヤフラムが二重になっており、ガソリン側が損傷すると、負圧コックの下の穴からガソリンが漏れる様に出来ています。(エンジンを停止すると負圧コックが閉まりガソリンの漏れは止まります。)
また、負圧側が破れると下の穴から空気が入って、負圧コックが閉まる様に出来ています。
どちらにしても、負圧コックが損傷しても大事に至らない様になっていますね。

内部構造はこの程度にして、つぎは各部品を洗浄します。
今回使用するのは、エンジンのO/Hで大活躍した

メタルクリーン・アルファ
メタルクリーン・アルファです。
説明を読むと、真鍮が変色したりするらしいので、フィルター部は浸からない様にして洗浄します。

洗浄
洗浄後、稼働部にグリスを塗布し、錆びたビスをSUSトラスに交換して組上げます。

組立・墨入れ
ついでに、ガソリンコックの各文字に赤と黄で墨入れして見やすくしておきました。

パッキン
最後に、パッキン周りに液体ガスケットを塗布しておきます。

続きはまた明日。
| たいちょ | 21:34 | comments (0) | trackback (0) | バイク |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.weloveya.com/blog/tb.php/49
トラックバック